オオジュリン


夏羽は頭がベルベット調の綺麗な黒色です。なでまわしたくなるくらい綺麗です。笑
夏の間、繁殖するために北海道と東北の葦原、草原環境に毎年来てくれます。もちろん鶴居村にも!

江戸時代には鳴き声が起源で「じゅりん」「じゅいん」と呼ばれていたそうです。可愛らしい名前ですね。ジュイン、、、ついつい言いたくなりませんか?笑

夏羽の頭が黒いことから異古名では「なべかぶり」とも言われていたそう。(大橋 弘一氏 著「鳥の名前」より 東京書籍)英名はReed Bunting。葦原環境にいるホオジロの仲間という意です。和名も英名も生息環境や形態の特徴由来であることが多く、調べてみると野鳥への愛情が深まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です