昨夜は星空カヌーへ行って来た。時間が遅いほど降水確率が高くなるため、通常は夕食後にガイドへ出発だが、昨夜は夕食前に出発。ベストを選択し、臨機応変に対応する。

カヌーの現場へ到着すると、星は見えず。空は厚めの雲に覆われていた。星空カヌーの醍醐味はもちろん「満天の星空」であるが、同時に味わってほしいのは非日常的な「静寂」と「真の暗闇」である。静寂はお金では買えない。そして、ここは街のネオンサインとは無縁の世界だ。

あまりに月明かりが強烈なため月光が分厚い雲を突き抜け、夜と言えども視界は良好。水辺に自分たちの乗るカヌーの影も映る。BGMはエゾアカガエルの大合唱。不思議なもので時折、ずーっと鳴いていたカエルたちの合唱が突然に止む。そして誰からともなく歌い始めて大合唱が起こる。そのサイクルは不定期に繰り返され、歌声が止む度に訪れる静寂に息を飲んだ。

 奇跡というものは不意に訪れる。空の一部が明るみ始めた。雲の隙間から不明瞭な月が姿を現した。一瞬だけ空全体を照らしたかと思うとまた雲の影へ。そして気まぐれにまた顔を覗かせる。湖面に光が注がれた。月が映り込んだのだ。今度は雲に隠れることはなかった。

そして最後の最後に雲の隙間を縫うようにして星も現れた。今回、星空カヌーにやってきた男性2名は中学、高校の学生時代をともにした仲間という。2人の間に流れる空気。友情、信頼、そういうものが言葉にしなくても感じられた。そんなおふたりにthe Great Bear(おおくま座)、すなわち北斗七星をプレゼントしたかった。「揺るぎない信頼」という意味があるからだ。今回は北斗七星は見ることが出来なかったが、それは次回のお楽しみに。私も含めて男3人で見るロマンチックな星空に最後は誰も口を開くことはなく、我々は静寂の森に包まれていた。